ブログ

「人は、必ず死ぬ」ということ

人間が病気になったときに、どんな名医にかかっても、素晴らしい治療法に出合っても、何れ人間はその時期を迎えたら「必ず死ぬ」ということを、もっと自覚すべきだと思います。
「死なない」治療法などは、この世には存在しません。
「死」に直面したときに、多くの人は慌てるのです。
そこで大事なのは、その時の精神状態です。
本療法でも何人か亡くなられています。
その時の状況をご家族の方にお聞きすると、どこかで「死」というものを受け入れて、悟りの境地に達しているようである、と言われています。
本療法では再三にわたってお伝えしていますが、「この世に想いを残さない、後腐れのない生き方」ができるように波動修正(調整)を行っています。
それが、人の目指す「永遠の生命」につながっていくのでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA