ブログ

「歩き方には、コツがある!」

歩く姿を見れば、ある程度はその人の性格がわかります。
脳の老化を防ぐには、「歩くことが一番」といわれるように、最近歩く方が多くなっています。
また、運動不足を解消するには、簡単で効果的だと思います。
情報としてテレビや雑誌などでは、「歩き方教室」や「歩くときの姿勢」について詳しく説明がされています。
そこで、テレビや雑誌から得た情報をもとにして、さらにステップアップするために、コンシス流の「歩き方のコツ」を一つ付け加えておきます。
アスリートの皆さんの動きをみていると、身体の中心軸がしっかりとしていて、ブレがありません。
「歩き方のコツ」としては、まず、頭頂部(百会)を意識して、頭頂部(百会)をスーッと持ち上げるようにします。
上に引っ張られている感じです。
この時、背筋が伸びて身体が浮いたような感覚になると思います。
同時に、背骨の一つ一つの間隔がひろがるように意識し歩いてください。
そうすることで、股関節・膝関節・足関節に負担がかからず、無理なく歩くことができます。
私が、皆さんの治療をしている時は、殆んどつま先立ちで、身体が浮いた状態になっています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA